Author Archives: admin

屋根材によって変わる劣化の症状と塗装時期

こんにちは!「気をつけたい!屋根の劣化とその症状」管理人の大谷です。

普段、自分の家の屋根を見る機会はあまりありませんので、どんな屋根材を使用していて傷み具合はどれくらいなのかを知ることは少ないと思います。

しかし屋根というのは、メンテナンスを必要とする時期があって適性な時期に塗装工事をしないと痛みがひどくなってしまい、破損や雨漏りの原因にもなってしまいます。

そこで本日は、屋根の種類とそれぞれの塗装時期について紹介したいと思います。

 

屋根の種類について

屋根材 塗装時期

出典元:フォトAC

 

はじめに屋根の種類について紹介します。

ストレート屋根

セメント製の薄く平たい板を敷き詰めながら作られた屋根になります。瓦屋根に比べると丈夫そうにも見えますが、ひび割れがしやすいため定期的なメンテナンスが必要になります。

工事では形状にあわせて「屋根板金」といわれる金属板を取り付けていくため、塗装だけでなく、「ひび割れの補修」や「サビへの対処」なども行わなければなりません。

場合によっては屋根材そのものを交換しなければならないときもあります。

 

瓦屋根

皆さんご存知の一番オーソドックスな屋根です。現在では、粘土瓦、セメント瓦、モニエル瓦など、瓦屋根を細かく分類することができます。

なお、瓦屋根は使われている種類によって修理方法も変わってきます。ただ、素人が瓦の種類を見分けるのは難しいので、瓦屋根ということだけ知っておけば問題ないでしょう。

瓦屋根の中で粘土瓦はとくに頑丈で塗装の心配もいらないため、メンテナンスは不要に感じますが、つなぎの役割をもつ「漆喰」が経年劣化するためお手入れは重要になります。

 

金属屋根

金属はサビが起こりやすいため、定期的にメンテナンスをしなければなりません。古くから使われていたのはトタンですが、現在は主にガルバリウム鋼板という金属が人気です。

ガルバリム鋼板は、トタンに比べるとサビが起こりにくいのがメリットです。ただ、絶対にサビないというわけではないので、適度に塗装工事を行う必要があります。

 

塗装時期は?

屋根は定期的なメンテナンスと塗装工事が必要だといっても、家を建ててからどれくらいの目安で工事をすればいいのでしょうか。

少し汚れている程度で雨漏りといった実害が特に起こっていない場合は、いつ塗装工事を依頼すればいいのかわからないと思います。

以下に、屋根材ごとの塗装時期を表にまとめましたので参考にしてください。

屋根材の種類 塗装工事の目安
ストレート屋根 約10年前後
瓦屋根(セメント瓦) 約10年~15年程度
瓦屋根(モニエル瓦) 約10年~15年程度
金属屋根(トタン) 約10年前後
金属屋根(ガルバリウム) 約10年~15年程度

こうして見ると、ほぼ全ての屋根が平均10年程度が目安であることがわかります。

このことからも、今まで実害はなかったとしても10年以上経っている屋根は、1度塗装業者にメンテナンスをしてもらうことをおすすめします。

屋根修理・屋根リフォーム費用の相場について

こんにちは!「気をつけたい!屋根の劣化とその症状」管理人の大谷です。

一口に屋根修理と言ってもその費用はピンキリです。

屋根の状況や使われている屋根材、修理内容によって費用は大きく変わってくるからです。

そこで本日は、屋根修理とリフォームの種類別に、費用の相場を紹介したいと思います。

 

屋根修理 費用

出典元:フォトAC

 

屋根修理にかかる費用の相場

屋根修理にかかる費用の相場は以下の通りになります。

修理内容 費用
棟板金の張り替え 3万円~10万円程度
雨樋修理 3千円~10万円程度
雪止め設置 3万円~80万円程度
漆喰補修 3万円~10万円程度
ストレート屋根の差し替え 1万円~5万円程度
瓦の差し替え 1万円~5万円程度
雨漏り修理 5万円~30万円程度

費用についてはあくまで相場ですので、複数の修理が必要なときはそれぞれの修理費用がかかってくることになります。また、塗り替えだけの場合も費用が変わってきます。

 

屋根リフォームの費用の相場

次に屋根リフォームの費用の相場を紹介します。

※以下は坪数が30坪としたときの費用の相場になります。

リフォーム内容 費用
塗装 40万円~80万円程度
葺き替え 60万円~200万円程度
重ね葺き(カバー工法) 80万円~120万円程度

屋根のリフォームには塗装工事、葺き替え工事、重ね葺き工事の3種類しかありませんが、少額だった屋根修理に比べると、費用はそれなりに高額になります。

リフォーム内容によって、施工工程をはじめ、使う材料から道具なども変わってくるので費用はバラバラになります。

 

屋根修理やリフォーム費用の相場は、覚えておくことで依頼する際に役に立つでしょう。

また現在、自宅の屋根修理や屋根リフォームをしたら、どれくらいの費用がかかるのかを簡単に確認する際にも使えると思います。

メンテナンスと修理の必要性

こんにちは。「気をつけたい!屋根の劣化とその症状」管理人の大谷です。

今日から屋根に関する基礎知識を発信していきますので、少しでも情報が参考になれば幸いです。

さて、日々の暮らしで、屋根には大きな負担がかかっていることを皆さん知っていますか?

目立った破損等が確認できない限り、特に修理を行う必要はないと考えている方も少なくないと思いますが、屋根はどうしても劣化していくものなのです。

そこで本日は、屋根メンテナンスと修理の必要性について紹介したいと思います。

 

屋根メンテナンス

出典元:フォトAC

 

屋根のメンテナンスについて

太陽からふりそそぐ紫外線や雨や雪、そして、台風などの過酷な条件の下で屋根には相当な負担がかかっているのです。

海に近い地域では、塩分を含んだ潮風が吹き付けることによる塩害だったり、積雪地域では融雪剤に含まれる塩分も屋根には大きな負担となっています。

このような負担が積み重なり劣化していくことで、当然ながら屋根本来の機能を保つことが難しくなってきます。

 

そこで、屋根本来の機能を保ち続ける意味でも重要になってくるのがメンテナンスです。

屋根本来の機能を保つということは住まいの安全につながります。どんな家でも時期がくれば必ずメンテナンスは必要になってくるということです。

 

屋根修理の必要性

どうして屋根修理は必要なのでしょうか?

何故なら、屋根を劣化したままや破損したままにしておくと、そこから雨水が建物の内部へと浸入し、雨漏りが発生する原因となってしまいます。

雨漏りは、建物の内部にカビが発生したり、シロアリ発生の要因にもなります。

 

建物の劣化を防ぎ、健康に害を及ぼさないためにも屋根の修理は必要なのです。