Monthly Archives: 2月 2020

メンテナンスと修理の必要性

こんにちは。「気をつけたい!屋根の劣化とその症状」管理人の大谷です。

今日から屋根に関する基礎知識を発信していきますので、少しでも情報が参考になれば幸いです。

さて、日々の暮らしで、屋根には大きな負担がかかっていることを皆さん知っていますか?

目立った破損等が確認できない限り、特に修理を行う必要はないと考えている方も少なくないと思いますが、屋根はどうしても劣化していくものなのです。

そこで本日は、屋根メンテナンスと修理の必要性について紹介したいと思います。

 

屋根メンテナンス

出典元:フォトAC

 

屋根のメンテナンスについて

太陽からふりそそぐ紫外線や雨や雪、そして、台風などの過酷な条件の下で屋根には相当な負担がかかっているのです。

海に近い地域では、塩分を含んだ潮風が吹き付けることによる塩害だったり、積雪地域では融雪剤に含まれる塩分も屋根には大きな負担となっています。

このような負担が積み重なり劣化していくことで、当然ながら屋根本来の機能を保つことが難しくなってきます。

 

そこで、屋根本来の機能を保ち続ける意味でも重要になってくるのがメンテナンスです。

屋根本来の機能を保つということは住まいの安全につながります。どんな家でも時期がくれば必ずメンテナンスは必要になってくるということです。

 

屋根修理の必要性

どうして屋根修理は必要なのでしょうか?

何故なら、屋根を劣化したままや破損したままにしておくと、そこから雨水が建物の内部へと浸入し、雨漏りが発生する原因となってしまいます。

雨漏りは、建物の内部にカビが発生したり、シロアリ発生の要因にもなります。

 

建物の劣化を防ぎ、健康に害を及ぼさないためにも屋根の修理は必要なのです。